たった1分で簡易診断!!美容室の融資の可否チェックフローチャート。

column

コラム

たった1分で簡易診断!!美容室の融資の可否チェックフローチャート。

たった1分で簡易診断!!美容室の融資の可否チェックフローチャート。

 

美容室の開業を考えている方で、こんなお悩みはありませんか?

 

「今の自分の状況で開業資金は借りられるのかな・・・??」

 

「そろそろ開業の準備をしたいけど、もしかして準備不足・・・??」

 

上記のようなお悩みをもった美容師の方は、次の簡易診断をご活用ください。

 

5つのチェック項目をYES又はNOで進んでいくだけで、融資可否の簡易診断を行うことができます!!

 

所要時間は、たった1分です!!

 

チェック1【過去5年以内に、自己破産などの債務整理をしたことがない。】

 

NO → 創業融資の場合、実績がない分、人物評価が重要となります。過去に借金による債務整理などがある場合は、しばらく(5年以上経つ)辛抱しましょう。

 

↓YESの方は、次へ。

チェック2【ここ2年くらいは、消費者金融の利用やキャッシングの利用などが無い。仮にあっても、毎月期日通りに支払っており、完済の目途がたっている。】

 

NO → 住宅ローンや自動車ローン、奨学金など、生活に必要な借入以外の借金は、審査においてマイナス評価となってしまいます。身ぎれいにしておきましょう。

 

↓YESの方は、次へ。

チェック3【ここ1年くらいは、家賃・携帯代・公共料金などは、通帳から期日通りに引き落とされている。】

 

NO → 金融機関の担当者は、期日通りに支払いがされているか確認をします。お金にルーズなことがないようにしておきましょう。

 

ポイント:過去6カ月分の公共料金などの領収書は、必ず保管しておきましょう。

 

↓YESの方は、次へ。

チェック4【自分で貯めたお金が100万円以上ある。】

 

NO → 開業に対する熱意や努力の結果は、自己資金(自分で貯めたお金)でアピールする必要があります。最低100万円は自分で貯めましょう。

 

ポイント:タンス預金はダメです。必ず通帳に記帳して貯めましょう。

 

↓YESの方は、次へ。

チェック5【自分で貯めたお金と親族からの援助のお金を合わせて300万円以上ある。】

 

NO → 美容室の平均的な融資額は、700万円です。そのぐらいの融資を受けるためには、自己資金で300万円ぐらい必要となります。足りない場合は、しばらく貯金するか親族から援助してもらえないか相談しましょう。

 

↓YESの方は、次へ。

上記全てのチェック項目が、YESの方。

 

上記5つのチェック項目が全てYESの方は、希望額にもよりますが、融資可能性がとても高いです。

 

後は、開業に向けて、具体的に準備を進めていきましょう!!

 

開業融資のタイミングについては、こちら。

 

『美容室の創業融資相談のベストなタイミングっていつ!?』

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。