つり銭用の1円玉を準備するのが大変、、、。エアレジで10円未満の端数を調整したいときの裏ワザ!!

column

コラム

つり銭用の1円玉を準備するのが大変、、、。エアレジで10円未満の端数を調整したいときの裏ワザ!!

 

つり銭用の1円玉を準備するのが大変、、、。エアレジで10円未満の端数を調整したいときの裏ワザ!!

 

エアレジは、リクルートが提供している0円で簡単に使えるレジアプリとして、多くの店舗に導入されています。

 

当社も、美容業向けにクラウドサービスを提供するにあたり、お客様のご要望に応じて、導入設定を行っています。

 

美容室などは、予約やカルテ機能もついた専用のレジ端末や、ホットペッパービューティに掲載している場合、サロンボードが利用できますので、エアレジではなく、そちらを利用している店舗さんも多いです。

 

『美容業向けのクラウドサービスはじめました!!業務効率の向上に貢献します!!』

『クラウドサービスで生産性向上!!エアレジの導入設定してきました!』

 

レアレジの場合、無料で利用できる反面、使い方などは、ある程度自分で調べる必要があります。

 

取扱い説明書は、エアレジのホームページに公開されていますので、一通りの操作方法は、そちらで確認できます。

 

ですが、取扱い説明書に載っていない方法がありますので、今回、ご説明いたします。

 

10円未満の端数を切り捨てたいけど、やり方が分からない、、、。

 

例えば、レジでお会計が300円の場合、税別で計算すると、消費税込みで324円になります。

 

消費税率が8%になったため、端数が発生するケースが多くなりました。

 

この場合、商品価格の設定次第では、大量の1円玉や5円玉の準備が必要になることがあります。

 

「お客様の手間削減やレジを効率化するため、10円未満は、切り捨ててお会計をしたい。」という店舗もあると思います。

 

エアレジの公式ホームページには、そのやり方が載っていなかったため、今回はそのやり方をご説明します。

 

10円未満の端数の切り捨て方。

 

例えば、美容室のケースで、お客様の会計が、以下の料金だとします。

 

・カラー 3,500円

・物販シャンプー 1,300円

 

外税(消費税別)で計算する場合、合計は税込5,184円となります。

 

 

この4円を切り捨てたい、、、。

 

①左下、合計金額の右側の「割引(水色)」を押します。

 

上の写真の赤い矢印の「割引」を押してください。

 

②「任意の値で入力する」を押します。

 

写真の赤い矢印の「任意の値で入力する」を押してください。

 

 

③「-¥」マークを押します。

 

写真の赤い矢印の「-¥」を押してください。

 

④端数の金額を入力します。

 

「-¥」マークを押したら、調整したい端数の金額を入力します。

 

今回のケースでは、4と入力して確定を押します。

 

⑤端数調整額が、割引として処理されます。

 

これらの手順を踏むことで、矢印のようにキレイに端数が処理されます。

 

 

 

クラウドサービスをご検討中の方は、お気軽にご相談ください!!

 

クラウドサービスは便利ですが、どうしても導入設定や設定のメンテナンスをきちんと行っていくことが必要です。

 

当社では、美容室向けのクラウドサービスの導入からメンテナンスまでを行っています。

 

これから創業予定の方や、既に開業しているけれど、事務作業を効率化したいなど、お悩みのオーナーさんがいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

 

税理士事務所では珍しいLINE@のサポート窓口も開設しています。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。