海外旅行!!お得にお買い物するなら、免税店へ!

column

コラム

海外旅行!!お得にお買い物するなら、免税店へ!

海外旅行でお得にお買い物するなら、免税店へ!

 

海外旅行に行けば、お土産などのお買い物する人も多いと思います。

 

そんなときにお得にお買い物ができる免税店があります。

 

免税店での手続き方法を知れば、お得にお買い物ができます。

 

そもそも免税店ってなに??

 

免税店とは、外国人旅行者が商品にかかる税金を免除してお買い物ができる販売店のことです。

 

福岡では、福岡空港や福岡三越などに免税店があります。

 

海外では『TAX FREE』『DUTY FREE』といった看板や表示がされていれば、免税店です。

 

ちなみに・・・

 

『TAX FREE』と『DUTY FREE』の違いですが

 

『TAX FREE』・・・消費税などの付加価値税が無税(消費税免税店)

 

『DUTY FREE』・・・関税が無税(保税免税店)

 

どちらも免税に変わりないですが少し意味が違っています。

 

<免税店の購入の流れ>

 

免税店で買い物をすること

 

免税店以外で買い物しても免税にはならないので注意が必要です。

 

パスポートの提出

 

購入したい商品を選び、レジやカウンターでお金を払います。

 

このときに、免税の手続きに必要な書類をもらうことがポイントです!!

 

非居住者の身分を証明するものとして、「パスポート」が必要になります。

 

書類の提出

 

帰りの空港の税関カウンターに書類を提出します。

 

国や地域によって様々で、返金方法や返金手続きの方法も異なります。

 

※注意点※

 

購入した商品は出国までに開封しないことです。

 

使用済みの扱いとなり、免税手続きができない場合があるため注意が必要です。

 

<海外旅行者の免税範囲>

 

国や地域によって免税の範囲が決められています。

 

『TAX FREE』の場合で紹介してみたいと思います。

 

 

たとえば、フランスのパリ!

 

1つのお店で総額175€以上で免税手続きができます。(お店により異なる場合もあります)

※175€=23,333円(10/4現在)

 

また、フランスでは出国時に端末機PABLO(パブロ)を使って販売明細書認証手続きをします。

 

また、イタリアのローマでは、1日1店舗で154.94€以上で免税手続きができます。

※154€=20,533円(10/4現在)

 

同じユーロでも国や地域でまったく異なります。

 

また、アメリカでは、国税が無税になる『DUTY FREE』はありますが、

 

ヨーロッパのような付加価値税を外国人旅行者に払い戻す『TAX FREE』はありません

 

そのため、『DUTY FREE』以外のお買い物は、旅行者も同様に税金を払うことになります。

 

海外旅行の前には調べておくといいかもしれません。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。