消費税の基礎知識-不課税、非課税、免税ってなに??

column

コラム

消費税の基礎知識-不課税、非課税、免税ってなに??

不課税、非課税、免税ってなに??

 

課税、不課税、非課税、免税と、なんだかごちゃごちゃした感じに聞こえますが、

 

この4つの税は、消費税の区分のことです。

 

まとめると↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

消費税は商品やサービスを消費したときに発生する税金です。

 

その中で、消費税の対象になるのかどうかを『課税』と『不課税』に分けていきます

 

課税の対象が「課税」、課税の対象外が「不課税」です。

 

次に、「課税」の中でも、例外がいくつかあります。

 

この例外が、『非課税』と『免税』のことです。

 

不課税とは??

 

「課税の対象」以外をいいます。

 

では、どういうものが課税になるのかを見ていきたいと思います。

 

1.国内において

2.事業者が事業として

3.対価を得て行う

4.資産の譲渡等

 

これらの4つの要件をすべて満たすものが『課税』になります。

 

1つでも満たさなければ『不課税』になります

 

詳しい『不課税の具体例』はこちら

 

非課税とは??

 

4つの要件を満たすけど、消費税がかからないものが非課税と呼ばれます

 

課税の対象にふさわしくないものや社会政策的な配慮で非課税となっています。

 

この非課税は、法律で決められた項目のみになります。

 

詳しい『非課税の対象』はこちら

 

免税とは??

 

消費税は国内のサービスや商品を消費したときにかかる税金です。

 

では、海外で消費したら・・・?というのが、免税として例外にした理由です。

 

空港などの免税店でも、使われているしくみになります。

 

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

 

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。