フリマアプリが大盛況!!フリーマーケットやネットオークションは税金かかる??

column

コラム

フリマアプリが大盛況!!フリーマーケットやネットオークションは税金かかる??

フリーマーケットやネットオークションは税金かかる?

 

副業と言われてイメージしやすいのが、「フリーマーケット」や「ネットオークション」。

 

そんなフリーマーケットも、最近ではスマホのアプリを利用して、簡単に副業が出来るようになりました。

 

通勤中や寝る前でも、アプリ一つで手軽に取引が出来ることから人気が高いようです。

 

今回はフリーマーケットやネットオークションに関する税金について紹介していきます。

 

年間20万円超えると申告が必要!?

 

個人が得た収入に対して、税金を課税する場合には、収入の種類によって、いくつかの区分に分けられます。

 

例えば、給与の収入を得た場合には、「給与所得」といった区分に該当します。

 

通常、フリーマーケットやネットオークションの儲けは、基本的に小遣い稼ぎ程度と考えられるため「雑所得」という区分に該当します。

 

ただし、生計が立てられるような収入や継続的に行い事業と見なされる場合は、「事業所得」に該当します。

 

基本的に所得とは、収入金額から商品を購入した代金、材料の購入にかかった代金、アプリで行っている人は、手数料や商品を送るための送料、スマホの通信費などを差し引いた残りの金額が所得になります。

 

つまり、税金の計算の基礎となる所得とは、以下の計算式で求めます。

 

所得 = 収入 - その収入を得るためにかかった経費

 

サラリーマン・パート主婦の副業の場合

 

サラリーマン・パート主婦の副業の場合は、1月から12月までの1年間の所得が20万円を超えると申告が必要になります

 

20万円まで(0円~20万円)なら、申告は不要となります。

 

20万円を超える(20万1円~)と、申告が必要になります。

 

専業主婦の場合

 

専業主婦の場合は20万円を超えても、一定の金額までは、申告は不要です。

 

専業主婦は、アルバイトやパートなどの給与収入がなければ、年間の儲けが、38万円までは申告不要になります。

 

この38万円というのは、基礎控除のことです。

 

実は、所得税法の規定の中には基礎控除というものがあります。

 

基礎控除とは、税金の計算をする際に、国民全員に一律に認められた控除額のことをいいます。

 

つまり、所得が38万円あったとしても、基礎控除の38万円を差し引くと0円になり、納税額も0円となります。

 

所得税がかからない!?生活用動産とは??

 

原則的には、所得税がかかり確定申告が必要になります。

 

しかし、例外として「生活用動産の譲渡による所得」は所得税を課さないと所得税法第9条1項9号で定められています

 

生活用動産とは、家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産による所得です。

 

例えば、家庭で使用している自家用車を売ったことで、確定申告をしたという人は聞いたことがないと思います。

 

こちらは、自家用車は、生活用動産として扱われているため、売ったことに対して所得税は課税されないようになっています。

 

ただし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価値が30万円を超えるものの譲渡による所得は「課税される」と記載されています。(タックスアンサーNo.3105)

 

ネットオークションやフリーマーケットなどで販売する物が「生活用動産の譲渡」であるとすれば、どれだけ利益が出ても、所得税が課税されない、つまり、申告しなくてもいいことになります。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。