元国税局査察部、通称マルサ出身の方が書いたオススメ書籍のご紹介。

column

コラム

元国税局査察部、通称マルサ出身の方が書いたオススメ書籍のご紹介。

元国税局査察部、通称マルサ出身のオススメ書籍のご紹介。

 

一般的に行われている税務調査は、税務署や国税局の課税課が行う「任意調査」です。

 

一方、国税局査察部が行う税務調査は、裁判所の令状に基づく「強制調査」です。

 

『査察(マルサ)とは??』

 

この強制調査は、「査察調査」とも呼ばれ、懲役又は罰金という刑事罰も課せられ案件がほとんどです。

 

査察部で扱われる脱税案件は、脱税額が大きく、悪質な場合、国税局から検察庁に告発され、検察官の捜査を経て、裁判所へ起訴されます。

 

裁判所にて有罪判決を受けた場合には、刑事罰を受け前科一犯となります。

 

刑事罰を課せられる可能性がある査察調査の範囲は??

 

脱税を行った場合の罰則については、税法に規定されています。

 

法人税法第159条(一部省略)

「偽りその他不正の行為により、確定申告に係る法人税額に規定する法人税の額につき法人税を免れた場合には、法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者でその違反行為をした者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処理、又はこれを併科する。」

 

税法には、脱税を行った場合、懲役刑と罰金刑の両方について罰則規定が定められています。

 

通常の税務調査についても上記の罰則規定が適用されるかというと、普通は適用されません。

 

あくまでも、刑事罰が適用されるのは、大口の脱税事案や悪質な事案などを、査察部が取扱い、その結果、検察庁への告発が相当とされる事案のみが刑事罰の対象となります。

 

いくらぐらい脱税していると告発の対象となるのか??

 

大口の脱税事案の金額基準などは公表されていません。

 

ですが、過去の立件された脱税案件を見ると、脱税額が約8,000万~1億円超の場合は、査察部の取扱いになるケースが多いようです。

 

1億円を超える脱税を行うと、罰金刑だけで済まず、懲役刑が科せられることもあるということです。

 

国税局査察部の内情をリアルに再現した書籍のご紹介。

 

元国税局査察部で働いていた方が、緊迫した査察現場をドラマ風にリアルに再現した書籍を出版されています。

 

≪著者≫

 

上田二郎(うえだ じろう)

千葉県内及び東京都内の税務署勤務を経て、東京国税局査察部に配属。

国税局勤務時代は、17年間マルサの内偵調査部門にて勤務。

国税局退職後は、税理士として再び税務の世界で活躍中。

 

国税局査察部で働く職員は、国家公務員です。

 

そのため、業務上知り得た情報は、国家公務員としての守秘義務があります。

 

書籍では、実際の個人や法人が特定されないように仮名により、過去の調査案件を再現されています。

 

≪著書≫

 

▼国税局査察部24時 講談社現代新書

フィリピンパブ、原発関連会社、脱税に加担するB勘屋、健康器具販売、FXトレーダー、タックスヘイブンなどの脱税案件について、最新の脱税手口の見破り方まで。

 

▼国税局直轄トクチョウの事件簿 ダイヤモンド社

美術商、弁護士、司法書士、デリヘル、歯科技工士、獣医師の脱税案件について、ドラマ風に緊迫ある調査現場を再現しています。職業別の脱税手法の解説からはじまり、具体的に脱税の証拠を得るまで過程が事細かに記されています。

 

▼マルサの視界国税局査察部の内偵調査 法令出版

マルサという仕事の紹介、BSE事件、外国人の張り込み、株価操作まで、税務に限らず、経済取引の裏側までをまるで推理小説のように読むことができます。

 

マルサ用語の紹介。

 

書籍に出てくる査察部(マルサ)で用いられる用語をいくつかご紹介します。

 

①タマリ

→ 脱税により得た不正な蓄財資金のこと。「裏金が溜まる」からきている。裁判では不正行為の証拠ともなるため、査察官は、納税者がタマリを隠しそうな場所は、ほとんど熟知している。

 

②特殊関係人

→ 脱税に関係した人の愛人のこと。

 

③イナズマ口座

→ 架空外注費の受け入れ口として用いられる口座の特徴を表した呼び方。売上代金の入金後、すぐにその資金が引き出されている取引を繰り返すと、ジグザグに預金口座が動いていく。これをイナズマ口座という。

 

④ガサ

→ 裁判所の令状に基づく強制調査のこと。「さがす」を逆から読んだ警察用語。

 

⑤B勘屋(ビーカンヤ)

→ 脱税請負人のこと。領収書や休眠口座などの売買を通じて脱税ほう助を行う。A勘定は表に出せる金で、B勘定は脱税した金。脱税を請け負うことからB勘屋と呼ばれる。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。