会計の基礎知識-資産には3つの種類があるのご存じですか??

column

コラム

会計の基礎知識-資産には3つの種類があるのご存じですか??

会計の基礎知識-資産には3つの種類があるのご存じですか??

 

会計処理を行う場合、資産の計上方法には、3つの種類があります。

 

事業用の固定資産を購入した場合、購入金額によって会計処理を選択することが出来ます。

 

まずは、「固定資産」「一括償却資産」「少額減価償却資産」の3つの資産について紹介します。

 

「固定資産」の特徴

 

会計・・・貸借対照表の資産の部に記載され、減価償却という形で費用処理していきます。

減価償却は、資産の種類や内容によって決められた方法で費用にします。

 

税務・・・会計で処理したそのままの金額が損金として使用されます。(税務上の限度額はありますが、通常、会計処理した金額と一致します。)

 

「一括償却資産」の特徴

 

会計・・・全額費用処理するか、資産の部に記載3年間で均等に減価償却します。

 

税務・・・3年で均等に減価償却します。

 

「少額減価償却資産」の特徴

 

会計、税務・・・購入した年度に全額経費にできるものです。

 

※白色申告の場合、この処理方法は、選択できません。ご注意ください。

※青色申告を行っている中小企業者(主に資本金1億円以下の中小法人と個人事業主)が対象です。

※少額減価償却資産として処理する資産の合計額は1年で300万円が限度になります。

 

購入金額別の費用又は資産計上方法一覧表

 

費用処理

一括償却資産 少額減価償却資産

固定資産

10万円未満

○(中小企業のみ)

10万~20万円未満

×

○(中小企業のみ)

20万~30万円未満

×

×

○(中小企業のみ)

30万円~

×

×

×

 

※消費税処理が税込経理であれば、税込金額。税抜経理であれば、税抜金額をもとに金額の判定を行います。

※税務上は、税抜経理の方が有利です。

 

複数の処理方法があるけれど、どの処理方法を選択する方がいいの??

 

経費を抑えて利益を出したいか、目先の税金を安くしたいかによって変わってきます。

 

税金を抑えるなら・・・ 利益を出すなら・・・
10万円未満 費用処理 一括償却資産or固定資産
10万~20万円未満

中小企業者 ⇒ 少額減価償却資産

上記以外  ⇒ 一括償却資産

固定資産
20万~30万円未満

中小企業者 ⇒ 少額減価償却資産

上記以外  ⇒ 固定資産

固定資産
30万円以上 固定資産 固定資産

 

※少額減価償却資産と固定資産には、事業所がある市区町村から固定資産税が課せられます。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。