毎月の給与から引かれている『社会保険料』の仕組みを知ってますか??

column

コラム

毎月の給与から引かれている『社会保険料』の仕組みを知ってますか??

 

毎月の給与から引かれている『社会保険料』の仕組みを知ってますか??

 

社会保険料とは、厚生年金保険料、健康保険料、介護保険料のことを総称していいます。

 

会社員の場合、毎月の給与から天引きで支払っています。

 

収入が多ければ支払い額も多く、収入が少なければ支払い額も少なくなる仕組みです。

 

社会保険料はどうやって決まるの??

 

実は毎月の給与によって決められているわけではありません。

 

社会保険のうち、厚生年金保険料、健康保険料は、「標準報酬月額」(通常4月5月6月に支給した給料を平均した額)をベースにその年の9月~1年間の社会保険料が決定します。

 

それ以外に、固定的賃金(基本給や通勤手当等)が変動後、3ヶ月間の平均月額が2等級以上の差が生じると、報酬月額が変更されます。

 

4月5月6月の間に残業すると、保険料が上がって損をする??

 

標準報酬月額は、基本給、残業手当、通勤手当、住宅手当、家族手当、当直手当などによって算定されています。

 

よって、4月5月6月支給分の残業代が増えてしまうと社会保険料もアップする可能性がでてきます。

 

「社会保険料が多くなると負担が大きくなってしまう!!」

 

「健康保険料をいくら払っても医療費の自己負担は3割!」

 

「保険料を多く払っても、結局、同じサービスしか受けられない!!」

 

とデメリットばかりのように感じますが、デメリットばかりではありません。

 

保険料を多く支払ったとき、どんなメリットがあるの??

 

厚生年金保険料は、多く支払えば支払っただけ将来の受け取り額が増えます。

 

納めた保険料の額に応じて、将来受け取ることが出来る年金額が決まる仕組みになっているためです。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。