会計の基礎知識-事業主貸と事業主借??貸し借り??

column

コラム

会計の基礎知識-事業主貸と事業主借??貸し借り??

会計の基礎知識-事業主貸と事業主借??貸し借り??

 

個人事業主の場合、プライベートと事業用のお金に区別をつけることは難しいです。

そこで登場するのが事業主貸事業主借です。

 

*事業のお金を事業主個人のために使用事業主貸

 

*事業に必要なお金を事業主個人のお金から支払う=事業主借

 

たとえば、事業用の口座から事業主の生活費のために5万円引き出した場合

(事業主貸)50,000 (現金預金)50,000

 

事業主貸と事業主借は個人事業者特有の勘定科目です。

そのため法人の会計にはありません。

 

事業主勘定は、どんな場合に使うの??

 

事業主貸

 

・事業用のクレジットカードで生活費を支払った。

・事業用の口座から個人にかかる保険料を支払った。

・事業用の口座から所得税や住民税を納付した。

 

事業主借

 

・事業用の口座の資金が足りなくなったので、個人の口座から事業用口座に充当した。

・事業主個人のクレジットカードで事業用品を購入した。

・事業用の交通費を個人用の現金で支払った。

 

事業用と家事用を兼用している場合

 

個人事業者では、自宅と事務所を兼用している場合があります。

 

すべてを事業主貸、事業主借にするのではなく、家賃、電気代、電話代、生活費など必要経費に出来るものは按分し、区別することで節税にもつながってきます。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。