確定申告による税金の納付方法は、5種類もあります!!

column

コラム

確定申告による税金の納付方法は、5種類もあります!!

 

確定申告による税金の納付方法は、5種類もあります!!

 

今年の所得税の確定申告書の提出期限は、平成29年3月15日です。

 

青色申告を利用している方は、申告期限を過ぎてしますと、青色申告特別控除65万の適用を受けることができませんので、申告期限内に必ず申告を行いましょう!!

 

注)青色申告の期限後の場合であっても、青色申告特別控除10万円の適用は受けることができます。

 

確定申告による所得税の納付期限は、申告期限と同じ平成29年3月15日です。

 

消費税の納付期限は、所得税と異なり、そもそもの申告期限が3月31日のため、納付期限も3月31日となっています。

 

所得税より少し期間が長くなっています。

 

所得税と消費税の納付方法の種類と特徴は??

 

確定申告による税金の納付方法は、全部で5種類あります。

 

①納付書

納付書を使って現金で納付する方法。

 

②振替納税

事前に口座登録を行って、口座振替による納付する方法。

 

③ダイレクト納付

事前に口座登録を行い、国税庁のシステムから納付日を指定して納付する方法。

 

④クレジットカード納付

国税庁のサイトにアクセスして、クレジットカードにより決済する方法。

 

⑤延納

納付する税額の2分の1以上を一旦納付し、残りの税額は、5月31日に納付する方法。

 

納付方法別の納付期限はいつになるの??

 

注)所得税の場合

 

①納付書 → 3月15日までに一括現金納付。

※原則、銀行窓口納付となり、コンビニエンスストアなどでは納付できません。

 

②振替納税 → 国税庁が指定する振替日(今年は平成29年4月20日です。)

 

③ダイレクト納付 → 3月15日までに一括口座振替。

 

④クレジットカード納付 → 3月15日までに決済を行い、実際の引き落としはクレジットカード会社の取り扱いによります。

 

⑤延納 → 3月15日又は振替納税の併用も可能なため、振替納税の場合、4月20日までに税額の2分の1以上を納付すれば、残りの税額は、5月31日に納付。

 

納付の方法によっては、利子税という利息がかかります。

 

⑤の延納については、延納期間中は、利子税という利息がかかってきます。

 

利子税については、最終的な納付が完了した後、税務署から利子税分の納付書が送られてきます。

 

⑤の延納以外の納付方法は、利子税は発生しません。

 

一般的に使用されている納付の方法は??

 

③のダイレクト納付については、手続きを税理士事務所が代行することが多いため、通常、個人の方で利用されている方は、ほとんどいません。

 

そのため、一般的には、①納付書、②振替納税、④クレジットカード納付の3つとなります。

 

一番多いのは、②の振替納税です。

 

振替納税のメリットは??

 

振替納税のメリットは、自動で口座振替になりますので、納付漏れを防ぐことができます。

 

また、振替日も通常の納付期限より約1ヶ月後となりますので、資金繰り的にもおススメです。

 

振替納税を利用するには、本来の納付期限(所得税の場合、3月15日)までに税務署へ「口座振替依頼書」を提出する必要があります。

 

振替納税の詳細については、こちらの記事でご説明しています。

 

→ 振替納税について

 

クレジットカード納付の詳細は??

 

所得税や消費税のクレジットカード納付については、今年から始まった新しい制度です。

 

詳細については、こちらの記事でご説明しています。

 

→ 国税のクレジットカード納付について

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。