平成28年分の確定申告の期限は??遅れた場合はデメリットもあります!!

column

コラム

平成28年分の確定申告の期限は??遅れた場合はデメリットもあります!!

 

平成28年分の確定申告の期限は??遅れた場合はデメリットもあります!!

 

平成28年分の所得税・贈与税の申告期限は、平成29年3月15日(水曜日)です。

 

平成28年分の消費税の申告期限は、平成29年3月31日(金曜日)です。

 

消費税の申告期限の方が、約2週間遅くなっていますが、個人事業の方については、所得税と消費税の申告を一緒に行う方が多いです。

 

確定申告の相談や受付はいつから始まるの??

 

申告書の受付は、平成29年2月16日(木)から開始されます。

 

税金が戻ってくる還付申告の場合は、2月16日よりも前から受け付けてもらえます。

 

確定申告で発生した税金は、いつ納付するの??

 

納付期限は、原則として、申告期限と一緒です。

 

申告と納付が一緒なので、申告納付期限と覚えておきましょう。

 

確定申告による納付期限を延ばす方法があるの??

 

口座振替により納付を行う「振替納税」という制度を利用することで、納付の期限が延びます。

 

注)申告書の提出期限は伸びませんので、ご注意ください。

 

振替納税を使用することで、どのくらい納付期限が延びるの??

 

所得税の場合、本来の納付期限 3月15日(水)→ 振替納税の振替日 4月20日(木)

 

消費税の場合、本来の納付期限 3月31日(金)→ 振替納税の振替日 4月25日(火)

 

約1か月ぐらい納付期限が延びます。

 

振替納税はどうしたら利用できるの??

 

振替納税を利用する場合は、本来の納付期限までに、税務署へ1枚書類を提出する必要があります。

 

「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」という書類です。

 

インターネットで調べると、国税庁のホームページから様式がダウンロードできるようになっています。

 

また、税務署へ行くと振替納税依頼書のハガキ版もあります。

 

どちらでも手続きできます。

 

申告書の提出や納付が遅れた場合、どういったデメリットがあるの??

 

所得税の確定申告期限に遅れた場合、様々なデメリットがあります!!

 

①青色申告の取り消し処分

→ 2年連続で確定申告期限までに提出しなかった場合、青色申告の取り消し処分を受けます。

 

②青色申告の65万円控除が使えません

→ 期限後申告の場合、青色申告の65万円控除を受けることはできません。ただし、10万円の控除は受けることができます。

 

③納付の場合、延滞税というペナルティーが発生します

→ 申告が間に合わないことで納付が遅れた場合、延滞税という罰則金が発生します。

 

申告期限に間に合うように書類の準備・申告を行いましょう!!

 

申告期限に遅れた場合に適用できなくなる青色申告の特別控除65万円は、節税の基本です。

 

青色申告の65万円控除による税金の負担への影響は大きいです。

 

所得にもよりますが、所得税・住民税・健康保険料を合わせると、約20万も税額が節税になります。

 

期限に遅れただけで、本来払わなくてよかった税金の負担が増えてしますこととなります。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。