会計事務所の名称は、どうして本名が多いの??

column

コラム

会計事務所の名称は、どうして本名が多いの??

 

会計事務所の名称は、どうして本名が多いの??

 

会計事務所の名称を見ると、似たような傾向があります。

 

・〇〇会計事務所

・〇〇税理士事務所

 

〇〇は、事務所の代表の苗字又はフルネームのケースしかありません。

 

税理士法によって決められた会計事務所名のルールがある?

 

みんなが統一した事務所名としているのには、理由があります。

 

税理士として業務を行う上での決め事が定められた「税理士法」。

 

この法律の中に、事務所に関するルールがあります。

 

会計事務所の名称のルール

 

税理士法第40条

「税理士が設けなければならない事務所は、税理士事務所と称する。」

 

さらに、税理士登録を行う際の税理士登録申請書には、もう少し細かいルールがあります。

 

「事務所の名称は、(氏名)税理士事務所又は税理士(氏名)事務所とすること。」

 

そのため、ほぼ全ての税理士事務所が、「フルネーム+税理士事務所」となっているのです。

 

〇〇会計事務所との違いはあるの??

 

フルネーム+税理士事務所というのは、あくまでも正式な登録名称です。

 

実際の実務上は、フルネーム+税理士事務所というのは、表記が長くなったりするので、事務所によっては、色んな屋号を設けています。

 

・〇〇(苗字)会計事務所

・〇〇(苗字)税務会計事務所 など

 

つまり、掲げる屋号については、税理士事務所として、誤解を生じるようなものでなければ、ある程度自由に付けています。

 

自由に名称をつけている会計事務所もあるけれど??

 

たまに見かける自由な事務所名があります。

 

・〇〇サポート税理士法人

・税理士法人〇〇パートナーズ

・カタカナの横文字+税理士法人 など

 

共通点は分かりますか?

 

これ全て税理士法人となっています。

 

税理士法人は、税理士が2人以上いることで設立できる法人です。

 

この税理士法人については、名称のルールが個人事務所と異なっています。

 

税理士法人の名称ルール

 

税理士法第48条の3

「税理士法人は、その名称中に税理士法人という文字を使用しなければならない。」

 

税理士法人については、このルールしかないため、税理士法人という文字が入っていれば、その前後については、自由に決めていいとなっています。

 

そのため、カタカナ横文字のかっこいい法人名が多いです。

 

サロンの税のこと相談室は、個人事務所又は税理士法人なの??

 

サロンの税のこと相談室は、個人事務所です。

 

屋号として使用していますが、正式名称は、「有馬誠治税理士事務所」です。

 

そのため、誤認がないようにホームページの運営元には、正式名称を掲げています。

 

最近は、ユニークな税理士事務所を中心にこういった屋号の使い方をしている税理士事務所をよく見かけます。

 

・〇〇専門税理士事務所

・税務〇〇レスキュー

・税務〇〇110番 など

 

いずれの事務所も、屋号を使用する一方、きちんと正式名称も掲げています。

 

税理士業界も変わりつつある??

 

平成13年の税理士法改正前、税理士業界における広告については、規制の対象となっていました。

 

税理士法改正後は、広告が原則自由とされたため、インターネットやDMを利用した広告が広がっていきました。

 

税理士へ依頼する消費者としても、どういった税理士事務所なのか比較がしやすくなってきたため、遅れていた税理士業界にもいい流れができつつあるように思います。

 

税理士試験や税理士業界の実情については、こちら。

 

『もうすぐ税理士試験!!年間3,000人も受験者が減少中、、、。』

 

『受験者が激減中の税理士業界。これからの税理士に必要なことは??』

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。