サロンの事業融資お借換のお手伝い事例

column

コラム

サロンの事業融資お借換のお手伝い事例

 

サロンの事業融資お借換のお手伝い事例

 

サロンの税のこと相談室にて、サロンの事業融資借り換えのお手伝いをさせてもらいました。

 

サロン業のお客様

 

・お客様の年齢は、30代。

・店舗エリアは、福岡市内の商業地域。

・お借り換え融資額は、約1,000万円。

 

サロン相談室でのお手伝い

 

・借り換え先の銀行の担当者との仲介。

・借り換え先へ提出する書類の準備及び作成。

・銀行の担当者への説明。

 

融資借り換えの経過

 

既存の事業融資を、新規取引先の銀行へとお借り換えのご相談でした。

 

新しく銀行取引を行う場合には、下記の書類が必ず必要となってきます。

 

・これまでの税務申告の決算書・申告書のコピー

・サロン店舗の年間収支一覧

・最近の店舗の収支状況が分かる資料

 

サロン相談室では、サロン相談室に保管されている申告書などのコピーについては、サロンオーナーさんの了解を取った上で、必要な提出先へ代わりにお渡しもしています。

 

今回も、これまでの決算書・申告書のコピーはサロン相談室で準備し、銀行へ代理で提出を行いました。

 

店舗の収支管理を行っていますので、サロン店舗の年間収支一覧についてもサロン相談室で準備、銀行へ代理で提出を行いました。

 

最近の店舗の収支状況については、銀行の担当者へいつまでの分が必要かの確認を行い、サロン相談室にて会計帳簿を作成、担当者へ提出を行いました。

 

後日、銀行側の稟議も降りたため、無事に事業融資借り換えが完了しました。

 

サロン相談室が事業資金の借り換えのお手伝いをすることのメリット

 

メリット1

会計及び税務に関する書類は、基本的にはサロン相談室で準備し、金融機関の担当者へ提出するため、お客様の手間が軽減されます。

 

その手間が減った分の時間で、オーナー様は本業に専念ができます。

 

メリット2

毎月資料をお預かりした分については、サロン相談室で会計処理を行い会計帳簿を作成しています。

 

日本政策金融公庫や銀行に融資の相談を行う場合、必ず最近の収支状況について聞かれますので、その際に迅速に収支状況を説明できることが、審査上プラスに働きます。

 

毎月の収支管理を行うことで、融資の審査期間を短縮することができます。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。