消費税の簡易課税ってどういう制度?

column

コラム

消費税の簡易課税ってどういう制度?

 

消費税の簡易課税ってどういう制度?

 

消費税の計算方法には、原則課税簡易課税の2種類あります。

簡易課税とは、課税期間の前々年または前々事業年度(基準期間)の課税売上高が5,000万円以下で、簡易課税制度の適用を受ける旨の届出書を事前に提出している事業者は、実際の課税仕入れ等の税額を計算する事なく、課税売上高から仕入控除税額の計算を行う事ができる簡易課税制度の適用を受けることができます。

 

仕入控除税額とは?

 

仕入控除税額 ⇒ 課税売上高に対する消費税額 × 一定割合 

 

この一定の割合のことを、みなし仕入率といいます。

 

みなし仕入率 業種により6つの区分に分かれています

 

第一種事業(卸売業)90%

第二種事業(小売業)80%

第三種事業(製造業等)70%

第四種事業(その他の事業)60%

第五種事業(サービス業等)50%

第六種事業(不動産業)40%

 

計算方法は?

 

(預かった消費税)-(預かった消費税 × みなし仕入率)=納める消費税

 

計算例

 

第二種事業(小売業)が税率8%で、税込1,080円で仕入れた商品を、税込2,160円で売却したとします。160円は売却した時の預かった消費税で、80円は仕入れた時に支払った消費税です。

 

簡易課税では、160円-(160円×80%)=160円-128円=32円が納める消費税になります。

 

必ず届出の提出が必要です!

 

簡易課税の適用を受けようとする場合は、事前に税務署へ「消費税簡易課税制度選択届出書」の提出が必要です。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。