人間ドックの費用が高いのだけど、経費として計上してもいいの?

column

コラム

人間ドックの費用が高いのだけど、経費として計上してもいいの?

 

人間ドックの費用が高いのだけど、経費として計上してもいいの?

 

人間ドックは、がん、脳血管障害、心血管病変などの早期発見のために行われる健康診断です。

 

最近は、人間ドックの受診をされる方が増えていますが、保険の適用がないため、費用が高額になってしまいます。

 

この人間ドックですが、サロン経営のオーナーが受診した場合、経費として計上してもいいのでしょうか?

 

答えは、福利厚生費としての要件を満たすのであれば、経費計上OKです。

 

そもそも福利厚生費とは?

 

税務上、経費として認められる福利厚生費とは、下記の要件を満たすものといいます。

 

福利厚生費とは、「従業員の医務衛生、保健、慰安等に要した費用で会社が負担するもの」をいいます。また、負担する際の取扱いとしては、「主として従業員に対してその勤労意欲を高揚せしめることを目的として、原則として従業員全部に対しておこなわれる支出である」ことが必要です。

 

ややこしいですが、簡単にいうと、従業員の健康管理のため、全ての従業員に受診する機会が設けられていたらOKということです。

 

経費として認められるケース

 

・特定の年齢に達した従業員については、希望者全員が受診できるように社内で取扱いを定めている場合。

 

・数年に1回、希望者全員が受診できるように社内で取扱いを定めている場合。

 

経費として認められないケース

 

特定の役員のみ特定の従業員のみ受診している場合。

 

希望者全員が受診できるような社内取扱いがされていない場合。

 

自分で負担した人間ドックの費用は、医療費控除はできるの?

 

人間ドックの費用が、経費として認めらない場合で、自分で負担した費用は、医療費控除の対象になるのでしょうか?

 

答え

「原則として、医療費控除の対象とはなりません。」

 

では、医療費控除になるケースとは?

 

かなり、限定的となっています。

 

例えば、人間ドックの結果、重大な疾病が発見されて、その診断に引き続いてその疾病の治療も行われる場合です。

 

つまり、人間ドックが治療に先立って行われる診察行為と同様と考えられるケースに限り、医療費控除の対象となります。

 

そもそも、医療費控除の対象となる医療費は、「医師の診療又は治療の対価など」となっており、健康診断は治療に該当しないため、原則対象外となっているためです。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。