寡婦とは所得控除額が違う、特別の寡婦をご存じですか?

column

コラム

寡婦とは所得控除額が違う、特別の寡婦をご存じですか?

 

寡婦とは所得控除額が違う、特別の寡婦をご存じですか?

 

年末調整又は確定申告を行う場合、要件を満たす方については、一定の控除を受けることができます。

 

ご自身で年末調整をされている事業所さんで、間違いの多いケースが、寡婦控除(特定の寡婦)です。

 

寡婦控除とは?

 

寡婦とは、下記のいずれかに当てはまる方です。

 

①夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計と一にする子がいる人。

 

②夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人。

 

どのような方が寡婦控除の対象になる?

 

上記のように要件は難しく書いてありますが、実務上、一番多いケースは、離婚された後、再婚をされていない女性で、小さいお子さんがいるケースです。

 

誤りが多いケースはどんな場合?

 

●寡婦控除に該当するのに、自身を寡婦として、年末調整の扶養控除等申告書へ記載をしていないケース。

 

特別の寡婦に該当するのに、自身を特定の寡婦として、年末調整の扶養控除等申告書へ記載をしていないケース。

 

特別の寡婦とは?

 

寡婦控除の場合、控除額は、27万円です。

 

特別の寡婦に該当する場合、控除額は、35万円となります。

 

この特別の寡婦に該当するための要件は、下記の3つ全てを満たす場合です。

 

①夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人。

②扶養親族である子がいる場合。

③合計所得金額が500万円以下であること。

 

実務上多いケースとして、離婚された後、再婚をされていない女性で、小さいお子さんがおり、年収約680万以下であれば特別の寡婦に該当します。

 

寡婦又は特別の寡婦に該当する場合は、自己申告が重要です

 

この寡婦控除や特別の寡婦控除ですが、誤りの多い理由の一つが、事業所側では、要件に該当するかの判断が難しいことです

 

離婚した後、再婚していない方については、年末調整の書類にきちんと記載しなければ、事業所側は気づきません。

 

また、特別の寡婦の要件である、扶養親族である子がいる場合についても、年末調整の書類に記載がなければ、気づきません。

 

扶養控除等申告書を記載する際に注意が必要な箇所

 

●配偶者の有無を必ずチェックする!

●寡婦又は特別の寡婦に該当する場合は、該当欄に〇をする!

●扶養親族がいる場合は必ず記載する!

 

過去に誤りがあった場合

 

本来は、寡婦又は特別の寡婦に該当するのに、記載漏れがあり、控除を受けていなかった場合は、確定申告をすることで、過年度分についても所得控除を受けることが可能です。

 

過年度分に遡って確定申告で還付を受けるには、遡れる期間の制限などありますので、早めに対応を行うようにしましょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。