ネイルサロンの開業資金について

column

コラム

ネイルサロンの開業資金について

 

ネイルサロンの開業資金について

 

理想のサロンを開業するのには、どういった費用が必要になってくるのでしょう?

 

どんなサロンにしたいのか、自分の予算と相談して、節約するように心掛けるのが開業資金を抑えるポイントです。

 

①不動産初期費用

 

一般のマンションの場合は、敷金と礼金、仲介手数料、前払い家賃などが必要となるので、一般的には、入居時に家賃の4~6ヶ月分の費用が必要といわれています。

 

マンションの場合は、不動産管理会社に店舗(事業用)としての利用が可能がまずは確認をしてください。(事業用としての利用がダメな物件も多いです。)

 

店舗用物件の場合は、プラス保証金が必要となるので、6~8ヶ月程度の賃貸料が必要となります。

 

※立派な店舗物件の場合、保証金が数百万ということもあります。

 

②内外装の工事費用

 

マンションや店舗物件の場合は、受付カウンターを設置したり、店舗内に仕切りを作るため壁などの工事をすることがあります。

 

この場合は、まずは店舗の工事施工業者へ問い合わせをして、自分のイメージを伝え見積りを作成してもらいます。

 

見積書には内訳やどういった資材を使うかも分かりますので、店舗工事施工業者の担当者と打ち合わせて、予算との調整を行います。

 

内装費を抑えたい場合は、手を加えなくてもよいような物件(以前、同じような業種のお店があった店舗など)を選ぶと比較的抑えることができます。

 

内装費は節約できるポイントです。自分で壁紙を貼ったりすればコスト削減になります。

 

③什器・備品費

 

施術用のイスや机、ネイル道具をはじめ、ネイル用品を収納するキャビネット、雑誌を置くマガジンラック、タオル、スリッパなどです。

 

加湿器やアロマディフューザーなどの家電の費用もここに含まれます。

 

また、電話やパソコンのほか、タオルをサロンで洗濯する場合は、洗濯機なども什器・備品費になります。

 

④広告・宣伝費

 

ホームページやチラシ、ショップカードなどの製作費です。

 

ホームページを自分で作成したり、チラシを自分でデザインすれば費用を抑えられますが注意も必要です。

 

ホームページを通して、集客をしたい場合や、予約受付もできるようにするなど希望がある場合には、最初から制作業者にお願いする方がいいと思います。

 

また、最近は、ホームページの作成だけでなく、お店のブランディングも一緒に考えてくれる業者もあります。

 

起業家のスタートに最高の演出を START PRODUCE

 

こういったブランディング専門家の方にお願いして、自分の理想のイメージを具体化したホームページを作成して店舗をスタートさせるのもおススメです。

 

ホットペッパービューティーなどのフリーペーパーに広告を掲載する場合は、その費用もかかります。

 

⑤運転資金

 

経営が軌道に乗るまで、サロンの運営費(賃貸料や光熱費、備品代など)を補填するための費用です。

 

オープン直後は赤字の月があることも覚悟しておかなくてはいけません。

 

最低でも家賃+光熱費+ネイル用品(消耗品)の3ヶ月分ぐらいは準備しておくと安心です。

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。