相続税は増税、贈与税は一部減税

column

コラム

相続税は増税、贈与税は一部減税

 

相続税は増税、贈与税は一部減税

 

平成27年1月1日以降、相続税に大幅な改正(増税)が行われたことは、新聞やニュースでご存じの方も多いと思いますが、以外と知らない方が多いのは、一方で一部の要件を満たす贈与税は減税となっていることです。

 

相続税の主な改正項目(増税)

 

①相続税の基礎控除額の引き下げ。(控除額が改正前の60%となります。)

 

②相続税の最高税率の引き上げ。(改正前の最高税率50%が、55%となります。)

 

贈与税の主な改正項目(減税)

 

①贈与税の税率が、「直系尊属からの贈与の場合」と、「それ以外」とに区分されました。

 

注)直系尊属とは、父母・祖父母など自分より前の世代にいる者で、直系血族のことをいいます。

 

この「直系尊属からの贈与の場合」については、改正前より税負担が軽減(税率構造の変更)されています。

 

この税負担の軽減を受ける為の要件は2つ

 

①贈与をする人は、直系尊属(父母・祖父母など)であること。

 

②贈与を受ける人は、贈与を受ける年の1月1日現在で20歳以上であること。

 

例えば、おばあちゃんが20歳以上の孫に現金で1000万円の贈与を行った場合、改正前と比べてどのくらい軽減されるのでしょうか?

 

【改正前】

 

贈与金額1000万円に対する贈与税は、231万円(実効税率約23%)

 

【改正後】 ※平成27年1月1日以後の贈与から適用

 

贈与金額1000万円に対する贈与税は、177万円(実効税率約18%)

 

約5%、金額にすると54万円も税負担に違いが出てきます。

 

注)贈与税についても、4500万円を超える贈与については、最高税率が改正前の50%から55%へと変更(増税)となっています。

 

注)贈与税の軽減税率については、上記の要件を満たす場合だけですが、直系尊属以外からの贈与についても、税率構造の変更により、一部改正前より税負担が軽減されています。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。