給与計算の基礎知識-労働保険とは?

column

コラム

給与計算の基礎知識-労働保険とは?

 

給与計算の基礎知識-労働保険とは?

 

労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます)「雇用保険」を総称した言葉であり、保険給付は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の徴収については、両保険は「労働保険」として一体のものとして取り扱っています。

 

事業主は、労働者を一人でも雇っていれば労働保険に加入し、労働保険料を納付する必要があります。

 

「雇用保険」とは、労働者が失業した場合に失業給付を行う保険です。

 

労働者の労働時間など加入条件が必要になるもので、こちらは労働者負担があります。

 

業種によって率も異なります。

 

労働保険は、失業した時とか怪我をした時とか、いざという時にお世話になるかもしれませんし、困っている人のお役にたっているかもしれない保険だと思うと、労働者にとって心強い制度だなと思います。

 

「労災保険」とは、労働者が業務上の理由で、負傷・疾病・障害・死亡等に対して政府が事業主に代わって保険給付を行い、また通勤途中の負傷にも対応する保険です。

 

一人でも雇っていると(アルバイトでも)必ず加入しなければなりません、事業主負担で労働者負担はありません。

 

どちらの保険も労働者の生活の安定を図る保険となっていますので、従業員を採用した時の加入手続きは忘れずに行うようにしましょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。