消費税の中間申告とは?

column

コラム

消費税の中間申告とは?

 

消費税の中間申告とは?

 

消費税の中間申告とは、消費税の課税期間は原則1年ですが、前年の確定消費税を基に、来年分を一部前払いする中間申告制度が設けられています。

 

中間申告の回数は、直前の確定消費税額により異なります。

直前の

確定消費税額

48万円以下 48万円超~400万円以下 400万円超~4,800万円以下

4000万円超

中間申告回数

原則不要 年1回 年3回 年11回

1年の合計申告回数

(確定申告1回含む)

 

1回

 

2回

 

4回

12回

 中間納付税額  原則不要 直前の確定消費税額×1/2 直前の確定消費税額×1/4

直前の確定消費税額×1/12

※確定消費税とは、中間申告対象期間の末日までに確定した消費税(国税)の年税額です。

 

例えば、今年の確定消費税額(国税)が、60万円だった場合、48万円超~400万円以下に該当します。

 

この場合、1年後の申告を待たずに、半年経過後に、1度60万円の半分を来年の消費税の一部として前納することとなります。

 

仮に、今年の業績が途中から悪くなり、去年より売上が下がりそうな場合などは、「仮決算」を行って、この前納分の消費税を抑えることも可能です。

 

中間申告で納税があれば、確定申告時に納付税額が控除され、控除しきれなければ還付されます。

 

納付が遅れると、延滞税が発生し、本税と合わせて納付しなければなりません。

 

遅延のないように気をつけましょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。