配偶者特別控除とは?

column

コラム

配偶者特別控除とは?

 

配偶者特別控除とは?

 

配偶者特別控除とは、配偶者の所得が38万円(給与収入103万円)を超えて配偶者控除が受けられなくても、配偶者の所得金額に応じて一定の金額の所得控除が受けられる制度です。

 

パート従業員の方で103万円の壁という言葉をよく聞きますが、103万円を超えても、段階的に控除額は減りますが、配偶者特別控除という特別な控除が認められています。

 

配偶者特別控除を受ける要件

 

① 控除を受ける人の合計所得金額が1,000万円以下。

 

② 配偶者が

・民法の規定の配偶者(内縁関係は該当しない)。

・控除を受ける人と生計を一にしている。

・青色申告または白色申告の事業専従者でない。

・他の扶養親族になっていない。

・年間合計所得金額が38万円~76万円未満(収入が103万円~141万円未満)。

 

控除額は所得に応じて段階的に変わります。

例)38万円~40万円未満  ⇒ 38万円控除

75万円~76万円未満  ⇒  3万円控除

76万円以上         ⇒  控除無し    です。

 

 

※給与所得者は、年末調整時に 『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』を記入し勤務先へ提出が必要になります。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。