特定求職者雇用開発助成金とは?

column

コラム

特定求職者雇用開発助成金とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特定求職者雇用開発助成金とは?

 

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)とは、特定求職者を継続して雇用する事業主に対して、賃金の一部を助成するもので、これらの者の雇用機会の増大を図る事を目的としています。

 

どんなときに助成される?

 

ハローワークまたは有料・無料職業紹介事業者の紹介により次の①~⑤の求職者を継続して雇用する労働者として雇い入れたとき。

 

短時間労働者以外(1時間あたりの労働時間が30時間以上)

① 高年齢者(60歳以上65歳未満)・母子家庭の母等

② 重度障害者等を除く身体・知的障害者

③ 重度障害者等(重度身体・知的障害者、45歳以上の身体・知的障害者、精神障害者)

 

短時間労働者(1時間あたりの労働時間が20時間以上30時間未満)

④ 高年齢者(60歳以上65歳未満)・母子家庭の母等

⑤ 身体・知的・精神障害者

 

受給できる額は?

対象労働者

(一般被保険者)

支給額 助成対象期間
大企業 中小企業 大企業 中小企業
短時間労働者以外 ①高齢者・

母子家庭の母等

50万円

 

60万円

(30万円×2回)

1年 1年

(半年に1回)

②重度障害者等を除く障害者 50万円 120万円

(30万円×4回)

1年 2年

(半年に1回)

③重度障害者等

 

100万円

 

240万円

(40万円×6回)

1年6か月 3年

(半年に1回)

短時間労働者 ④高年齢者・

母子家庭の母等

30万円

 

40万円

 

1年 1年
⑤ 身体・知的・

精神障害者

30万円

 

80万円

 

1年 2年

 

申請時期は?

支給対象期ごとに、それぞれの支給対象期の末日の翌日から起算して2か月以内に都道府県労働局へ支給申請を行います。

 

注)サロン相談室では、労務・助成金に関するご相談やご質問については、提携の社会保険労務士を無料でご紹介しています。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。