所得税と源泉所得税の違い

column

コラム

所得税と源泉所得税の違い

pixta_12890718_s

所得税と源泉所得税の違い

 

所得税とは、個人の所得に対してかかる税金で、1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し税額を計算します。H25年~H49年迄復興特別所得税を所得税と併せて申告・納付します。』と国税庁のHPには掲載されています。

 

ざっくり言うと、個人が1月1日から12月31の1年間に得た「所得」に対して課税される税金です。

 

ちなみに法人(企業・会社等)の1年間の「所得」に対しての課税される税金は「法人税」です。

 

一方、源泉所得税とは、会社員の代わりに勤務先が給与から天引きした所得税の事です。

 

勤務先が給与の源 = 源泉

 

源泉(勤務先)が会社員から徴収(天引き)する = 源泉徴収

 

源泉徴収 = 源泉所得税です。

 

ただ、この源泉所得税の額は、1年間の所得税を一括でまとめて支払わなくて済むように、これ位かな?の額であらかじめ預かる金額なので、年末調整の時に正確な所得税の金額が計算されて相殺されます。

 

もちろん預かった勤務先が納付をしてくれます。年末調整の時期迄会社に居ると計算も納付もしてくれます。

 

書類さえ出せば面倒な計算しなくて済むので助かります。

 

結局、所得税も源泉所得税も同じ所得税ですが、所得税を支払う為に預かられているのが源泉所得税です。

 

ちなみに源泉所得税の金額は、国税庁の源泉徴収税額表によります。

 

この表は毎年変わる事と、その月の 「社会保険料控除後の給与等」 の金額で見る物なので気をつけてください。

 

収入と所得の違いについてですが、、、。

 

会社員の方ならば、給与と賞与合わせた総支給額が「収入」でそこから給与所得控除という決められた額を引かれた分が「所得」になります。

「収入」 - 「給与所得控除」 = 所得

 

給与所得控除とは必要経費のような物で、生活していると食べ物や衣服とか家賃とかお金がかかりますよね?もちろん全額ではないですが、定められた金額を控除して、控除した金額に応じた所得税率をかけて所得税になります。

 

所得の種類は全部で10個あります。

 

事業していれば事業所得、不動産を持っていれば不動産所得などがあります。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。