税務調査の日程は変更できる?

column

コラム

税務調査の日程は変更できる?

pixta_21971201_s

税務調査の日程は変更できる?

 

税務調査自体を断ることはできませんが、務署が指定する日程が強制される訳ではありません。

 

決算時期と重なるため、業務上時間が割けないなど、調査日程の変更をお願いする「正当な理由」があれば認められます。

 

税理士が顧問についている事業所であれば、税務署・お客様・税理士の3者の日程調整を行う必要があるため、税務署から指定された調査日程から変更をお願いすることはたびたびあります。

 

調査日程の変更をお願いする場合の主な理由には、下記のようなものがあります。

 

・顧問税理士との日程が合わない。

 

・社長が出張中のため、責任者が不在。

 

・決算時期が近いため、経理内容に詳しい担当者の時間が割けない。

 

・繁忙期中のため、調査対応の時間を割くことが厳しい。

 

一般的な税務調査は、3日間ほどかけてあります。

 

3日で最終結論が出ればいいですが、その後も追加で資料提出が発生したり、税務署の担当者と指摘論点の整理があったり、思ったより時間がかかります。

 

そのため、事業に支障がありそうであれば、その旨をきちんと調査官へ説明し、日程調整をしてもらいましょう。

 

もちろん、納税者の都合で日程調整を申し出た場合であっても、そのことで税務調査が厳しくなることなどはありませんので、ご安心ください。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。