ネイリストに求められることは?

column

コラム

ネイリストに求められることは?

pixta_12506439_s

ネイリストに求められることは?

 

日本には30万人以上のネイリストがいるといわれています。

 

店舗数も2万軒近くあるとされ、いまも増えています。

 

そんな中で人気ネイリストになり、ネイル専業で生計を立てられるまでになるには何が必要でしょうか。

 

ネイルの知識・技術

 

今はジェルネイルも自分でできる時代。それでも多くの人がネイルサロンに通うのは、ネイリストに施術してもらった方が長持ちするからです。

 

持ちの良さを実現するのは、ネイリストの深い知識と優れた技術力。

 

しっかりとした知識と技術を持ったネイリストが施術をすれはば、ジェルネイルは3~4週間は持つのが普通です。

 

このレベルに達しなければ、開業して経営を軌道に乗せていくのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

そのためには、開業前にネイルの技術と知識をしっかり身につけるのはもちろん、開業後も日々努力を続けることが大切です。

 

開業後も講習会に通うなどしながら技術の向上に努めることによってお客様の信頼を得たいものです。

 

ネイルのデザイン力

 

多くの人がネイルサロンに通うもうひとつの理由は、デザインです。プロならではのアートを施せるようになれば、少々高い価格でもお客様は来てくれます。

 

お客様を惹きつけるデザインを作るのに必要なのはセンスです。

 

映画や美術、アート作品やインテリアなどを見ることで感性を磨き、それをネイルデザインに反映できるようにしたいものです。

 

また、ネイルのデザインはファッションにも影響されるので、ファッション雑誌をチェックするなど流行を意識することも必要です。

 

コミュニケーション力

 

忘れてはいけないことは、ネイリストは接客業ということです。

 

お客様とネイリストは1~3時間もの間一対一で向き合います。

 

それがプライベートサロンとなると、ひとつの空間に2人きり。

 

また来たいと思ってもらえるような接客をすることがリピーターを獲得する秘訣です。

 

重要なのは、そのお客様に合わせた接客。どんなふうに接客されたいのかを見極めて、細やかな接客を心掛けましょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。