サロン経営には、どんなエステティシャンが必要か

column

コラム

サロン経営には、どんなエステティシャンが必要か

pixta_22036773_s

 

サロン経営には、どんなエステティシャンが必要か?

 

美意識高く、身だしなみを整え、品のある雰囲気を演出できるエステティシャンが必要です。

 

エステに通うお客さまは“きれいになりたい”という思いで通ってくださるわけですから美容への関心が高いのです。

 

当然「美」を提供するプロのエステティシャンは美への意識も知識も高いと思っていらっしゃいます。担当エステティシャンの意識が低ければ、後々の契約にも結びつきません。

 

技術もトークも同じ位のレベルのスタッフならば、お客様は美意識の高そうな雰囲気のスタッフに担当してもらいたいと思うものです。

 

地味なエステティシャンはNGです。

 

お客様から「あの人のように、きれいになりたい」と思われるような憧れの存在になるように常に意識が必要です。エステティシャンは技術者であり、モデルでもある広告塔です。

 

 

エステティシャンのオーラUPでお客様の心をつかむ!

 

サロン内で身だしなみルールを決めておきましょう。

 

「身だしなみ」とは見る人に気を配り、見られる自分を演出する事です。

 

自分がしたい自己表現の「おしゃれ」とは違います。

 

サロン内でスタッフの身だしなみが異なると、サロンの雰囲気に統一感が無くチグハグな印象をうけます。

 

方向性も感じられません。

 

お客様の価値観を最優先し、お客様に受け入れていただく美しさを追求する事が大切です。

 

接客スキルを上げましょう。

おもてなし

 言葉遣い

 お客様を理解する心

 情報提供

 笑顔

 

競合サロンを体験してみるのも、お客様の気持ちになれて良い勉強になります。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。