サロン経営の脱毛ビジネスのリスクについて

column

コラム

サロン経営の脱毛ビジネスのリスクについて

Sugaring: Beauty Concept. Hair removal on legs. Young beautiful girl with dark hair gets the procedure for hair removal liquid sugar. Beautician Giving Epilation To Woman On Thigh

サロン経営の脱毛ビジネスのリスクについて

 

脱毛メニューはニーズが高く、コンスタントな売上が期待できる一方、リスクもあります。

 

懸念される大きなリスクは4点です。

 

1、医療行為違反になる可能性が・・・

 

ニードル脱毛・レーザー脱毛は毛根を破壊しますので、医師免許が必要です。

光脱毛も出力数によっては毛根を破壊しますので注意が必要です。

無免許での営業が発覚し倒産に追い込まれる場合や、お客様から訴えられれば賠償金が発生する可能性もあります。

 

2、ランニングコストがかかりすぎる場合が・・・

 

光脱毛には、機器購入代の他に、ランプの交換代が発生します。

機器により1ショット当たりの単価の幅がありますので、利益率に差が出てきます。

購入前に比較検討が必要です。

 

3、効果が見られず、お客様の継続に繋がらない可能性が・・・

 

光脱毛では、出力が低すぎると効果が見られるまでに時間がかかる場合もあります。

逆に出力が高すぎても毛根を破壊する場合がありますので、要注意です。

 

4、機器購入後のアフターフォローがなく、解決できない・・・

 

機器購入前に具体的なアフターフォローを確認しておかないと、トラブル時の対応がスムーズにいきません。売上にも影響受ける事になりかねませんので、安全講習や経営アドバイス、機器トラブルの対応など確認しておきましょう。

 

脱毛の初期投資の目安として、高額の設備投資をしている場合、開業から3か月~半年以内には、収支がプラスに転換していく事が理想的です。

最低でも毎月ベッド稼働率の目標維持が必要になってきますので、開業にあたり、きちんと今後の経営計画を立てるようにしましょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。