減価償却の旧定額法・旧定率法とは?

column

コラム

減価償却の旧定額法・旧定率法とは?

pixta_22364166_s

減価償却の旧定額法・旧定率法とは?

 

固定資産台帳などを見ていると、旧定額法や旧定率法など、旧がつく場合があります。

 

旧というのは、平成19年3月31日以前に取得した建物や備品、車両等の固定資産(減価償却資産)を減価償却(費用計上)する際に用いられる一般的計算方法です。

 

そのため、現在は適用されることがないため、見かけることが少なくなってきました。

 

※平成19年4月1日以降に所得した場合は、定額法と定率法を用います。

 

「旧定額法」 ⇒ 毎年同額を費用計上する方法

「旧定率法」 ⇒ 最初に多く費用計上され、年々償却額が減少される方法

 

※計算方法は下の国税庁HPから抜粋した方法になります。

旧定額法と旧定率法による償却費の計算方法等の概要

旧定額法

旧定率法

特徴 償却費の額が原則として毎年同額となる。 償却費の額は初めの年ほど多く、年とともに減少する
計算方法 取得価額×90%×旧定額法の償却率(漁業権や特許権などの無形固定資産は、90%乗じる必要がありません) 未償却残高×旧定率法の償却率 未償却残高とは取得価額から前年までの償却費の合計額を差し引いた金額をいいます。

 

最初にお伝えした通り、現在は、新しく取得した資産に旧定額法・旧定率法は使用することはありません。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。