法定福利費について

column

コラム

法定福利費について

Health Insurance Protection Risk Assessment Assurance Concept

法定福利費について

 

法定福利費とは ⇒ 会社が負担する、法律で定められた福利厚生にかかる保険料(社会保険料等)の事です。

法定福利費の勘定科目を使うことで、会社が負担する金額を把握できます。

 

ここでの保険料とは具体的に、健康保険料厚生年金保険料労災保険料雇用保険料などをさします。

尚、法定福利費は、消費税の課税対象外です。

 

支払う際の仕訳例

 

①健康保険料等は、給与で従業員から預かった分と一緒に支払う事になりますので

 

法定福利費 ○○○○円         現預金 ○○○○円

預り金   ○○○○円

 

②労働保険料は、年度当初に4/1~翌年3/31までの1年分を概算保険料として会社が先に支払いますので、①と異なり従業員分は立替金になります。

 

法定福利費 ○○○○円         現預金 ○○○○円

立替金   ○○○○円

 

支払時の簡易的な会計処理例

上記の処理は、原則的な処理(簿記の教科書などに載っている)ですが、下記のような簡易的な処理も認めれられています。こちらの方が会計処理が簡単です。

 

①健康保険料等については、預り額や支払額を全て法定福利費として処理する。

 

法定福利費 ○○○○円         現預金 ○○○○円

 

②労働保険料についても、預り額や支払額を全て法定福利費として処理する。

 

法定福利費 ○○○○円         現預金 ○○○○円

 

※簡易的な方法の場合、預り時には、法定福利費が貸方にくるように会計処理をしてください。

 

なお、法定外福利とは福利厚生費の事で、会社が負担する法律で定められていない、企業が任意で実施する費用です。

制服や健康診断費費用、住宅手当、忘年会費用など企業によって様々あります。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。