エステティシャンになるには

column

コラム

エステティシャンになるには

img_6325

エステティシャンになるには

 

エステティシャンになるための資格は国家資格・公的資格ではなく、すべてが民間資格で多数存在します。

 

民間資格の中で有名なものは?

 

・日本エステティック協会の「認定エステティシャン」

・CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」

・日本エステティック業協会の資格「AEAインタ−ナショナルエステティシャン」

 

資格を取得するためには、通信教育・スクールで学ぶ・独学と様々ですが、資格の中には受験資格が必要となるものもあります。所定のカリキュラム300時間以上や1000時間以上など、基準がそれぞれあり、協会の正会員でないと受けられない物もあります。

 

試験期間もこの試験は1次・2次・3次まであり、全てクリアできたとしても約1年間の期間を有します。さらに、それぞれの受験料も必要となります。

 

資格がいらないエステティシャンですが、資格を保有することによって、お客さまの安心感と信頼感を勝ち取ることができます。お客様にとって他のサロンとの比較の基準にもなるようです。

 

認定エステティシャン試験(正会員)の場合の試験内容とは?

 

技術試験:技術力確認試験(フェイシャル/ボディ:手技のみ) 筆記試験:エステティシャンセンター試験(4肢択一:マークシート式・100問)です

 

取得後は3年間ごとに更新が必要です。

 

お客様へ自信を持って確かな技術を提供するには、さすがに厳しい試験をクリアしないとならないようですね。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。