美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その1

column

コラム

美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その1

pixta_6427572_s

 

美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その1

 

美容室の開業時に必要な資金としては、大きく以下のようなものがかかってきます。

 

賃貸不動産の初期費用

 物件を借りる際にかかる費用。保証金、前家賃や不動産会社の手数料など。

 

店舗デザイン内装工事

 店舗の設計デザイン、内外装の仕上げ工事、オリジナルの家具製作など。美容室の場合は、シャンプー台の設置があるため、水回りの給排水設備工事なども必要となってきます。

 

美容機器の購入費用

 ドライヤーや促進器、プロセッサーなどの機械。

 

薬剤の仕入代

 ヘアケア製品などの薬剤、ロッドなどの美容道具の仕入。

 

備品の購入代金

 シャンプーチェアー、電話機や掃除機、美容師に必要な道具など。

 

宣伝広告費

 ホームページの制作代や有料広告への掲載料など。

 

運転資金

 従業員の給料や店舗家賃、薬剤仕入など、開業当初の売上が少ない時期の運転資金です。

 

美容室の物件を探す際の注意点!!

 

最初に肝心なのは、何よりも物件探しですが、電気や水道をよく使用する美容室では、古い建物などに関して希望通りの工事が可能かどうかも重要なチェックポイントとなってきます。

 

美容室物件の取り扱いが多い不動産業者への依頼が安心です。

 

そのため、美容室向けの物件取扱い実績が多い不動産業者に依頼されると、提携する内装工事業者の方と連携して相談に乗ってもらえるため、トータルで物件探しのサポートを受けることができ効率的です。

 

開業にあたり、具体的にいくらぐらいかかるの?

 

続きは、下記のページでご説明しています。

 

美容室の開業資金-その2 (費用ごとのおおまかな金額)

 

美容室の開業資金-その3 (開業時に融資を受ける際の注意点)

 

美容室を開業予定の方必見!!開業前に知っておきたい15個のポイント!!

 

これから美容室を開業予定の方向けに、開業前に知っておきたい15個のポイントをまとめてみました。

 

お役立ち情報を分かりやすくご説明していますので、ぜひ一度お読みください!!

 

『美容室を開業予定の方必見!!開業前に知っておきたい15個のポイント!!』

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。