美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その2

column

コラム

美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その2

Unrecognizable professional hairdresser washing hair to her handsome client. Barber at work. Man at barbershop.

 

美容室開業にかかる費用ってどのくらい?美容室の開業資金-その2

 

次に、具体的に美容室の開業にあたり、いくらぐらいかかるものなのでしょうか?

 

美容室開業にかかる費用ごとのおおまかな目安

 

もちろん、物件などによって敷金や工事代金は大幅に増減しますので一概には言えませんが、一般的には以下の金額ぐらいかかってきます。

 

賃貸不動産の初期費用

目安は、下記の通りです。

 

  1. 前家賃 1ヶ月分
  2. 保証料 家賃1ヶ月分
  3. 仲介手数料 家賃1ヶ月分
  4. 敷金 家賃6か月分

 

家賃20万円の物件であれば、全部で約180万円。

 

店舗デザイン内装工事

店舗内装工事全て含めて500万~600万円ぐらい。

 

美容機器

プロセッサーなどの購入で約100万~200万円ぐらい。

 

薬剤仕入

最初のまとまった仕入として20万円~30万円ぐらい。

 

備品購入代金

美容道具など細かいものを含めて30万円ぐらい。

 

宣伝広告費

10万円~30万円ぐらい。

 

運転資金

余裕をもって200万円ぐらい。

 

美容室開業資金の目安と融資について

 

ここまで見てもらうと分かるように、美容室の開業資金として必要な金額は、1,000万円以上いることが分かります。

 

これを安く抑えようと思うと、敷金の少ない不動産物件を選ぶ、内外装の装飾を抑える、美容機器はなるべく中古品で抑える、備品や広告宣伝などの初期費用を抑えるなどを検討する必要があります。

 

それでも、高額となる開業資金ですので、開業資金を準備するために、自分で毎月積み立てて準備できる自己資金日本政策金融公庫や金融機関からの融資についてどうするか考える必要があります。

 

美容室の開業資金の融資を受ける場合の注意点!

 

続きは、下記のページでご説明しています。

 

美容室の開業資金-その3 (開業時に融資を受ける際の注意点)

 

美容室を開業予定の方必見!!開業前に知っておきたい15個のポイント!!

 

これから美容室を開業予定の方向けに、開業前に知っておきたい15個のポイントをまとめてみました。

 

お役立ち情報を分かりやすくご説明していますので、ぜひ一度お読みください!!

 

『美容室を開業予定の方必見!!開業前に知っておきたい15個のポイント!!』

 

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。