自宅サロンのメリットとデメリット

column

コラム

自宅サロンのメリットとデメリット

エステ

自宅サロンのメリットとデメリット

 

開業資金があまり用意できないけれど、とりあえずサロンを開いて様子をみてみたいという人におすすめなのが自宅サロンです。

 

自宅サロンのメリットとは?

 

最大のメリットは、やはり物件取得費がかからないということです。そのため資金があまり用意できないという人でも、気軽に開業が可能です。

 

また家賃もかからないので、運営コストを低く抑えることができ、その分施術料を安くしてお客様にアピールすることもできます。

 

持ち家であれば、部屋の改装なども自由に行え、思いのままの内装も実現できます。通勤時間もないので、体力の消耗も少ないうえ、空き時間を家事などに有効に活用することも可能です。

 

自宅サロンのデメリットとは?

 

一方で、仕事とプライベートの区別がつきにくいというデメリットもあります。室内に匂いをこもらせないため、匂いの強い料理は作らないようにしている自宅サロンオーナーさんもいるようです。

 

さらに、女性1人で自宅サロンを営業する場合は、防犯面での危機管理も大切です。住所は公表しない、お客様の顔を確認してからドアを開けるなどの自己防衛策を講じる必要があります。

 

家族と一緒に住んでいる場合は、家族の理解と協力も欠かせません。賃貸物件であれば、契約条件の確認のほか、大家さんや近隣住民の了承を得る必要もあるでしょう。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。