税務調査について

column

コラム

税務調査について

pixta_8086146_s

税務調査について

 

そもそも税務調査というのは何のために行われるのでしょうか。

 

日本の所得税や法人税の制度では、いくら売上があっていくら経費があり、いくら税金を納めるかは自己申告が原則となっています。つまり、自分が納める税金については、自分で計算する必要があります。

 

ですが、税金の計算は非常に複雑ですので、単なるミスや、故意に税金を少なく申告するケースなど様々な人がいます。

 

そのため、故意の税金を少なくするケースなど、正しい申告をした人が損をすることは平等ではないため、申告された税金の計算が、ミスなく偽りなく、正しく行われているか確認するため税務調査は行われます。

 

つまり、税務調査とは、課税の公平性を保つために、納税者が自ら計算した申告内容が正しいかを確認する行政調査のことをいいます。

 

税務調査の目的は、主に3つ

 

1.課税処分のため

→ 申告内容に誤りがあれば、それを正します。(いわゆる一般の税務調査です。)

2.滞納処分のため

→ 滞納している財産がある場合、調査によって換金価値のある財産を差し押さえます。

3.脱税事件処分のため

→ 故意に脱税している場合は、強制捜査などの厳しい対応が取られます。

LINE@サポート窓口はこちら

LINE IDから
@sak8119o
友達追加ボタンから
QRコードから

お問い合わせの際には、
下記の項目をお送りください。
①お名前 ②事業内容 ③お問い合わせ内容 原則として24時間以内に、税理士の有馬から
返事をお送りして、ご相談の概略をお聞きした上で、
ご相談の方法・日時を調整いたします。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。

※お客様からお問い合わせいただいた内容については、個人情報保護方針を定め、情報の管理保護に努めています。